くろがね堂  
05≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--) [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
東尋坊から身を投げて
五年前に出したケイモコ本を見たら、ヘタ過ぎて発狂しそうになりました。

この後人生に絶望し、東尋坊から真っ暗な海に身を投げる。

うっかり無傷で海岸に打ち上げられるも今までの全ての記憶を失くしており、その漁村で新しい人生を始める。

なんとか就職できた漁協の市場でトロ箱を運びながら一生懸命働くうち、そこの胸の豊かな事務の女の子(優しく空気の読める大人の女性で衣玖さん似)といい仲になり、ついつい子供ができてしまう。

女の子の親父さんに殴られながらもなんとか結婚の了解を得、来月結婚式、という時に、東京から自分を探しにした婚約者が現れる。その垢抜けた美しい人(知的で涼しげな目元をした女性で慧音似)が手に持っていたのは、昔自分が出した東方本だった。

うきゃー!そそそそそ、それは…!

また発狂する。

エンドレス。


よくわからない衣玖さん。誰か彼女の浮き袋を何とかしてあげて。


本当は浮き袋の他に目も飛び出てぱつんぱつんになったりするんですが。
2009'10'02(Fri) [ 東方 ] . . TOP ▲
    


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。