くろがね堂  
04≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303103/ ≫05
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--) [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
手作りコースターでおもてなし(自分を)
作業中、冷たい飲み物を近くに置いていると、机の上が濡れてしまう…。
狭い作業机、片付け下手、迫る締め切り、そして人より高いドジスキル…。

様々な要因が重なり合い、すっかり困り果て、身も心もボロボロになり、
歌舞伎町で皿洗いのバイトをしながらなんとか生活していた矢先に
愛犬ペロを交通事故で失い、もう全てに疲弊しきった鳴海さんは、
一億五千万円の貯金を下ろし、匠にコースターを作ってもらうことにしました。

そしてこれが完成したコースターです。

なんということでしょう!全然似ていません!!

匠は一切の資料を見もせずに、その常人の一万倍は記憶をプールできるという
ストレインジ海馬から、ダイオキチルノの姿を瞬時に取り出したのです!

匠はまず、おもむろにその辺に落ちていた高級素材、ダンボールを小さく切り取りました。
この高級ダンボール、なんと「妹紅の天鱗」と同じクラスの激レア素材なのです。

その高級素材に、どんな願いでもかなうという伝説の「ドリムペン」で、
さらさらとポートレイトを描き上げてしまったのです!
チェイング!!

匠の作業時間…。
それはまばたきするより早い、一瞬の出来事でした。

この作品のタイトルは「氷壁の女王」。
高級焼きタイルにも劣らない高い芸術性、高貴ささえ感じさせる
その少女の肖像画は、美の女神ミューズのよう…。

そしてコースターとしての機能も完璧です。

これで作業中でも机が濡れることなく、大好きな牛乳を、
腹が壊れるまで飲み漁る事ができます。

しかも伝説の「ドリムペン」の正体はマッキーなので、絵がにじむ事もないのです!
かわいらしいダイオキチルノ(全然似てない)が常に鳴海さんを見守り、
何だかうきうきとハッピーな気持ちに。

これで机が濡れるという心配も無く、(他の心配事はある)
安心して原稿作業に取り組むことができます。

匠の真心のこもった作品に、鳴海さんは感謝の気持ちと感動の涙と、
牛乳の飲みすぎで腹がゴロゴロ鳴るのを抑えることができませんでした。

ダイオキさんごめんなさい。そしてありがとう!!
(いやダイオキさん何もしてないから。そもそも見てないから)

ちゃんと原稿もしてます。

2008'07'25(Fri) [ 日記 ] . . TOP ▲
    


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。